2024.2.28 wed – 3.3 sun
12:00 – 20:00 (最終日18:00まで)
入場無料

母は海に浮かぶ島でうまれ、東京へやってきて家庭をもった。私は海のない街で育つこととなったけれど、幼い頃は毎年夏になると母の故郷へ訪れた。

小さい私にとって目の前の水のふくらみはとても不可思議だった。
動く大きな水へ近寄り、足を沈める。ひどく冷たい時もあればなまあたたかい時もある。歩みを進めるほどに増していく、体にのしかかる重み。頭まで潜ったときには息を吸うことの許されない水中。
座標をうしなってたゆたう感覚。
未知の世界は、現実を形作ろうとする思考のバランスを崩してその輪郭を曖昧にする。

私が絵と出会ってからふれてきた世界に、海はとてもよく似ている。

目に見えるかどうか手に取れるかどうかで存在を裏付けようとするのは、安心したいからだろうか。だけど日常のすぐそばにパラドックスはあって、常識/非常識を線引きする現実世界への確信を担保してるのはきっと、自分は正気だっていう思い込みで。あまりにも危ういから、破綻はいずれやってくる。
絵は刹那的な感情や煩雑な思惑、あまねく情報の集積からふいに生まれて、そういう現実世界のほころびからのぞく、得体の知れない世界を想起させる。

その非現実と思えるような景色と接続するたびに幾度となく、畏怖や憧れ、希望を抱いてきた。
自分が立ってるところとそれも含めて、ありのままの世界なんじゃないかって。

平面上にあらわれる絵はまるで水平線に浮かぶ彼岸で
現実の周りをたゆたう大きな海の一部のようだ。

Instagram  @shio.nene