MEIRI ISHIDA
Jewellery and Drawing
Hortus Conclusus -enclosed garden-

2020.9.25(fri)/26(sat)/27(sun)
11:00-18:00

今回のインスピレーションとなったのは、テオドール・シュトルム 、1874年の小説「三色菫」に登場する閉された庭(Hortus Conclusus)。

壁に囲まれ蔓草の生茂る小さなその庭は、登場人物の心理描写を表す舞台として、また生と死、沈黙と再生の象徴として作中に描かれています。テオドール・シュトルム の物語を題材にするのは前回の「みずうみ」に続き二回目になります。

本展では2020年4月17日から5月31日まで国立台湾工芸研究発展センター・台北NTCRIにて開催された[im-mà-gi-nà]展の出品作品に加え、ジュエリー、ドローイング共に新作を展示いたします。直感的表現であるドローイングと、構築的な思考と作業を要するジュエリーはその時々で反転しながらお互いに作用し合い、ひとつのシリーズを作り上げます。両表現の共鳴は現在、自分の制作において最も大事なプロセスとなっています。

爽秋の週末、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

[im-mà-gi-nà] The jewellery artists’ works and their notebooks
2020.4.17-5.31
National Taiwan Craft Research And Development Institute, Taipei Branch
https://immagina2.webnode.tw

http://meiri-ishida.com